NO,15. 伝統的建築物ーー手水舎

都心 下町深川成田山分院ーお不動さん成田山新勝寺は、毎年年の暮れにーーーーーとりあえず、深川お不動さんへ、特に、近年本堂裏の高速道路も屏風のような建物を建てているので、昔と比べると非常に雰囲気がよく、特に本堂左側の建物の壁面一体に、梵字がこれは見応えあり、、     手水舎は年代物ではないが、立派な四方払いの柱日本の伝統的建築物の軸組を見るには、わかりやすい構造です。    

続きを読む

NO?15. 伝統的建築物ーー手水舎

既に忘れ去られた!忌まわしい事件ーー都内の神社仏閣⛩で拝観する事を躊躇していましたが、年内にケジメをつける為参拝ーー深川の富岡八幡宮ーー あの刃傷沙汰後の参拝で、鳥居、本殿等々全て朱塗りが変に不吉感を感じました。但し、手水舎は見所はありました。お清めの清水が、鳳凰とは!

続きを読む

NO14. 伝統的建築物ーー手水舎ー

手水舎もこの広い場所に設置されているのも珍しい。本殿は朱塗りで化粧直しをしても、何処の神社仏閣でも、手水舎は、余程柱脚が老朽化していない場合、補修はせず、建てた時代のままの状態が、肌で感じられ味あい深い。 四月から40数箇所の神社仏閣⛩を回っていますが、四方払いの柱(四本)の耐震構造の、先人達の理論的でない(実は理論的裏ずけ)木造構造の素晴らしさに驚きを感じますね。東京人でこの場所が何…

続きを読む