2018年05月23日

nO6 伝統的建築物 リフォームの1つの方法ー保存ばかんがえますが

ー手水舎も100年以上経過すると、足回りが設置場所によると考えますが、写真の場所は、柱脚土台部位が腐食
現代の所謂リフォーム的思考で、コンクリートを使用して嵩上げで改修ーーーあまり味あいは。。

2BC30E36-D640-4E62-8EA2-03460A05B68D.jpeg

68E7B7F2-B717-4E52-A6F3-626985CD0529.jpeg
posted by 赤ひげ先生 at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

千葉蘇我Lixil支社会場でのリフォーム塾 講義

千葉蘇我の教室での開講でしたが、アクセスの?からか、千葉県内の会社のスタッフ受講よりも東京都の城東地域の方々が90%


続きを読む
posted by 赤ひげ先生 at 21:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

引き算の思考の必要

建物のお医者さんとしての役割の中で、足し算の発想からの診断提案から、特に人口世帯数の減少から逆に、既存建物が比較して余剰傾向の中ーー
私達リフォーム業に携わっるスタッフも、もう引き算の思考に切り替える時代になってきた様に考えます。
3月から神社仏閣の構造の再認識ーーそれに合わせてー神社仏閣巡りも始めてーーいかに先人達は、一見豪華絢爛に見える建物が、合理的に計画実行されてきているか、改めて再確認しています、

住宅にても収納コンサルタントと言われる方がーーーーー引き算の発想で極力収納スペースを減らす思考こそ合理的な気がします。
この辺についても検討していきい。
終活が高齢者社会で話題にもなってきている今日、私の過ぎ去った子育て巣立ちの20数年間を過ぎれば、この激しい時代の変化に取り残された
、子供達には、またこの今の時代に価値を見出さないものが山積 みーーこれが現状ですよね!


posted by 赤ひげ先生 at 12:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする