2018年05月23日

nO6 伝統的建築物 リフォームの1つの方法ー保存ばかんがえますが

ー手水舎も100年以上経過すると、足回りが設置場所によると考えますが、写真の場所は、柱脚土台部位が腐食
現代の所謂リフォーム的思考で、コンクリートを使用して嵩上げで改修ーーーあまり味あいは。。

2BC30E36-D640-4E62-8EA2-03460A05B68D.jpeg

68E7B7F2-B717-4E52-A6F3-626985CD0529.jpeg

味あいのある改修施工ではないですが、上部の重量を考慮すると
致しかたないのでしょうね。
銅板一文字葺きは、歴史を感じる風情です
posted by 赤ひげ先生 at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

nO6 伝統的建築物 リフォームの1つの方法ー保存ばかんがえますが

ー手水舎も100年以上経過すると、足回りが設置場所によると考えますが、写真の場所は、柱脚土台部位が腐食
現代の所謂リフォーム的思考で、コンクリートを使用して嵩上げで改修ーーーあまり味あいは。。

2BC30E36-D640-4E62-8EA2-03460A05B68D.jpeg

68E7B7F2-B717-4E52-A6F3-626985CD0529.jpeg
posted by 赤ひげ先生 at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

千葉蘇我Lixil支社会場でのリフォーム塾 講義

千葉蘇我の教室での開講でしたが、アクセスの?からか、千葉県内の会社のスタッフ受講よりも東京都の城東地域の方々が90%


続きを読む
posted by 赤ひげ先生 at 21:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする