2018年07月11日

NO.9. 伝統的建築物

  • 四月
から伝統的建築物ーー神社仏閣⛩を、皮膚感覚で学ぶには、まず多くの実物に触れることが一番
27物件を見て触れて構造を感じる作業を開始ーーー手水舎ーーをテーマに!
40数年建築に携わり、いかに多くの物件を企画設計施工の経験をしないと、身に付かないことは経験上理解出来ない事見に染みていましたがーーー今回27物件の鳥居ー山門ー本堂等々構造をーーー短期間で周りましたので、興味が皆さん興味を示さない手水舎に、異様な関心を持ってきました、
手水舎を見れば、その神社仏閣の構造、意匠の素晴らしさがある程度理解出来るよういなりました。
もうこんなものだろう?又々その中で手水舎の清める水槽ーその彫刻に興味が、新たな発見!!

01810DA8-51F2-4514-B394-11A32F5B35FA.jpeg

2856285F-6D85-4181-B5E3-C96C8F851126.jpeg

手水舎の手を清める水槽の代わりに稚児の銅像からー

92909AA4-1F43-4518-B500-31538EB49CCE.jpeg

この仏閣は、皆さんも映画で見たことのある仏閣ですよ
し下に掲載した写真をごらになればマアーと
わかります。本堂、山門の彫刻は京都の仏閣より素晴らしい。

48ACA314-1035-4F3B-A4D9-96AA07A4F43C.jpeg

寅さんー妹さくらの柴又帝釈天です、
江戸時代寛永時250年前のものです。
東京大空襲にも会わず、今に現存。









posted by 赤ひげ先生 at 15:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください